メインイメージ画像

もしもの時の海外旅行保険

Q.海外旅行にいきます。保険に入ったほうがいいのでしょうか?

A.海外旅行で不安なのは病気や怪我になった時や盗難にあった場合です。そんな不安を一掃するのが海外旅行保険です。契約していれば、もしもの時に旅行先で怪我や病気で病院で診察してもらった場合の治療費や入院費の補償、財布などが無くなった場合損害額もカバーしてもらえます。持っているクレジットカードに元々海外旅行保険が付帯しているものが多くあります。これらの補償内容もしっかり確認をすべきだと思います。


Q.入院予定です。活用するにはどうしたらよいですか?

A.保険会社に連絡をすると活用法のアナウンスがございますのでそれによって書類をご用意いただきます。ところで、入院は給付金の対象となるのは治療を目的とした入院です。検査としての入院には給付が下りない場合がありますので、確認をお願いしております。そして、給付の受取額によっては診断書不要で領収証のみで受け取りできる時もありますから内容を見て、利用をしたほうがよいと考えます。


Q.学資保険を勧められましたが、どういったメリットがありますか?

A.学資保険の重要なメリットは貯金とは違い、保障があるという点でしょう。万が一、契約者が死亡した時、保険料の納入は免除され、元のまま、お祝金を受領できます。しかも、子どもの入院保障の特約をプラスすることも可能ですので、単純に教育資金の貯金だけではなく保障も念頭に置くことのできる保険と言えます。そして、節目に設定される祝い金の制度も特徴の一つです。思わぬ出費も加入していれば安心だと考えます。